世界のリーダーから学ぼう必勝法

借家の契約をする場合、昔は連帯保証人が間に入るだけでした。ところが最近は家賃保証会社という存在があります。では連帯保証人と家賃保証会社にはどのような違いがあるのでしょうか?連帯保証人と家賃保証会社の違いを調べてみましょう。
借家などの賃貸契約をする場合に必要になるのが連帯保証人です。最近は家賃保証会社が連帯保証人に代わって入る場合や、連帯保証人と家賃保証会社の両方が入る場合があります。
連帯保証人は契約者と連帯して保証する人のことを言います。家賃の滞納が生じた場合、家主側から本人に代わって請求されることになります。
一方、家賃保証会社の役割は連帯保証人と似ていますが、責任を負うのは家賃などの金銭的な面に限ります。
家賃は口座間でお金のやり取りをするのが最近の傾向です。家賃保証会社が入っている場合、契約者の口座から家賃を引き落とします。それを家主側に送金することで家賃の支払いが完了します。仮に契約者の口座から残高不足などの理由により家賃が引き落とせなかった場合でも、家賃保証会社は家主側に家賃を送金しなければなりません。

金銭面以外、例えば契約者がゴミ出しについての注意を聞かなかった場合など、家主側から連帯保証人に連絡し、本人の注意を促すということもあり、保証会社と連帯保証人の両方が必要な物件も少なからずあります。

フォーシーズ株式会社など、連帯保証人が付く場合に初回保証委託料が割引となる保証会社もあります。

No Comments :(